キャッシング会社をまとめて1社に借り換えてしまいましょう!

キャッシングする会社は、一般的には3社までにした方がよいといわれています。借入金額が低ければ審査も通りやすく、何社からも借り入れが出来てしまいます。しかし、数十社から借りてしまう「多重債務状態」が続くと、必ず毎月の支払いが苦しくなってきます。そうならない為にも借入会社を整理することが必要です。出来れば金利の一番低い所で借り換えして借金をまとめてしまいましょう。
1社にまとめると、借入金額が増えたような気がしますが、月々の支払額が安定し、毎月しっかり返済し続けられるので、確実に完済に近づきます。
この時、何社にも申し込みをしてはいけません。各社信用調査を利用していますので、一度に数社の申込みをしていると怪しまれて、すべての審査に通らなくなってしまいます。
各社ホームページなどで借り入れのシミュレーションをやっています、これを利用して事前に借入ができるかチェックしてみましょう。
借り換えをして、1社にまとめる事ができたら、必ずやってほしい事があります。それは、借入会社以外のキャッシングカードの破棄です。手元にいつでも借りられるカードがあると、苦しい時につい手を伸ばしてしまいたくなるからです。また借りてしまっては1社にまとめた意味がなくなってしまいます、手元に残さず、必ず破棄してしまいましょう。
もうひとつ、やってもらいたいことは、返済日の設定です。もし返済日が選べる会社でしたら、返済日は給料日に設定しましょう。これで返済が滞ることを防げます。
3万借りる 即日

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローン

お金を借りるところの代表といえば、やはり消費者金融、または銀行ではないでしょうか。

消費者金融は、お金を貸す専門の業者です。いわば金貸しのプロといっても過言ではないでしょう。ですから、そのキャッシングシステムは、お金を借りたい人のためには、非常にメリットのある有効なシステムであるといえます。全てのシステムはとてもスピーディーに行われるのが消費者金融のキャッシングシステムなのです。

銀行との圧倒的な違いとなるが、審査の速さです。消費者金融の審査の最短時間は、およそ30分だといわれています。銀行の審査はどんなに速くても、2日は掛かるといわれているのに比べると、その速さに驚くことでしょう。

お金を借りたい時とは、急にやってくるものです。すぐに借りることができなければ、意味がないことが多々あります。消費者金融はそういった緊急時にも対応ができるようになっているのです。

しかし、デメリットもあります。

例えば、金利の高さです。そして、消費者金融の利用の際にネックとなっているのが、総量規制という法律です。この規制によって、借りたくても借りられない状態が起こっています。

そこで注目されているのが、銀行のカードローンです。このカードローンは、銀行のシステムなので、消費者金融の金利よりは低めの金利で利用ができ、なおかつ、総量規制の対象にはならないので、個人の年収による制限を受けないので、高額の融資の希望が通る可能性が高く、重宝されています。

関連記事